仲間を知る

樹脂・難燃剤事業部

  • 第一事業部門 樹脂・難燃剤事業部
  • 工学部・化学工学科卒 / 2010年入社
  • 趣味:バスケットボール、YouTube
[写真] [写真]

世界中で自分を売り込み、なくならないビジネスを作る!

現在の業務について

難燃剤と三酸化アンチモンの営業

私の部署では、樹脂メーカーに、樹脂を燃えにくくする難燃剤とその助剤である三酸化アンチモンを販売しています。難燃剤といっても、皆さんにはピンとこないと思いますが、難燃剤は自動車や家電製品等に使われており、火災から人命と財産を守っている非常に重要な商材です。難燃剤にはたくさんの種類があり、ユーザーのニーズにあったアイテムを国内、海外から調達し、販売しています。海外に関係するビジネスがほとんどのため、海外出張も多く、中国、東南アジアを中心に飛び回っています。

仕事のやりがい、面白みについて

程よい緊張感で、日々充実。

仕事のやりがい、面白みについては、人それぞれだと思いますが、私の場合、他人に褒められること、評価されることが、それに繋がっていると思います。ここでいう他人は、お客さん、サプライヤーさん、上司、先輩、後輩等、仕事で関わる全ての人です。怒られたくないから、失敗しないようにする。喜ばれたいから、一生懸命になる。そうすることによって、日常に程よい緊張感が生まれます。学生時代にはなかったこの緊張感が非常に心地良く、日常が充実しています。明和産業には年次に関係なく、仕事を任せられ、結果は評価してくれる環境があります。その環境下で、自分なりのやりがいや面白みはすぐに見つけることができます。

印象に残っているエピソード

あらゆるものがビジネスツールに!

社会人になり、取引先と付き合う中で、ゴルフは1つのビジネスツールになりますが、私はゴルフが苦手です。小学生の頃からスポーツはバスケ一筋で、サラリーマン人生でバスケをツールに使うことはないと思っていましたが、2014年に北京出張の際、現地の取引先から「バスケの準備をして北京に来い」との連絡がありました。この取引先は中国の政府系の企業で、社員が9万人おり、就業時間外に社内リーグがあるので、私にも出てほしいとのことでした。ミーティングをおえ、体育館に移動し、コミュニケーションが十分に取れない中、1試合こなし、無事に勝利しました。祝勝会をということで、店に移動し、「スポーツに国境はない!」と酒を飲み交わした経験が私の中で印象に残っています。

今後の目標

属人化しないビジネススキームの構築

属人化しないビジネススキームを構築していくことは非常に困難です。ビジネスを取り進めていく中で、それが担当者の色に染まっていきます。サラリーマンに異動は付き物ですから、そのビジネスを新しい担当者でも継続的に収益を上げられるように昇華していくことが企業に取って非常に重要です。明和産業には諸先輩方が作って下さったビジネススキームがたくさんあり、安定した収益を上げています。今後は、そんなビジネスを1つでも多く作れる営業になっていきたいです。

とある一日のスケジュール

09:00
出社パソコンを立ち上げている間に、コーヒーを買いにいく。
09:15
始業メールチェックと資料作成。
10:00
来客樹脂メーカーにて、情報交換とフォーキャスト(使用見込)の確認。中国のOEM工場の生産スケジュール調整もあるため、ユーザーのフォーキャスト確認はかなり重要。
12:00
昼食同じ部署のメンバーと昼食。なるべくヘルシーな店にいきます。
14:00
社内会議上司に案件毎の進捗状況を報告。担当者毎に行い、議論する。
16:00
サプライヤー訪問メーカーに訪問し、価格・数量・納期等についてミーティング。
18:00
退社