仲間を知る

高機能素材事業部

  • 第三事業部門 高機能素材事業部
  • 政策科学部、政策科学科卒 / 2015年入社
  • 趣味:フィールドホッケー
[写真] [写真]

柔軟な発想で長く続く取引を作る

現在の業務について

印刷材料と化学品原料の販売

私はフレキソ印刷と呼ばれる印刷方法で使用される樹脂製の印刷版の販売と、粘着剤やゴム製品等の様々な製品に使用される化学品原料の販売を担当しております。
国内外で取引があるため、すぐに会うことができない海外のサプライヤーやユーザーとは、海外現地法人のスタッフと綿密なコミュニケーションを取りながら現地動向を探り、スムーズな営業活動を心掛けております。
また、時には自ら海外へ出張します。直接サプライヤーやユーザーと対話をすることで現地の状況を知り、双方へより良い提案ができるよう取り組んでおります。

仕事のやりがい、面白みについて

三方よしの精神で営業活動

営業は商品を売ることが仕事ですが、押し売りでは継続的な取引にはなりません。サプライヤー・ユーザー・当社の三社が得になる取引を構築することで、初めて長く続く取引ができます。一つでも多くそういった取引を構築することが目標であり、仕事をする上でのやりがいになっています。
その為には、どれだけサプライヤーとユーザー双方の立場にたてるか、相手のことを想像して提案できるかということが重要です。様々な国・業界・役職の方々と接するため、対話の中では相手のバックボーンを知るよう努力しています。

印象に残っているエピソード

貴重な海外経験

私は会社のトレーニー制度で1年間インドネシアにて研修を受けました。
初めての海外生活に戸惑うこともありましたが、日本では接することのできなかった業界の方々と知り合うことで自分の視野が広がっていくのを感じました。
インドネシアでの研修中、ある商材の提案先と考えていたユーザーから全く違う商材の提案を依頼されました。それが偶然日本で担当していた商材であったため、上手く商談を進めることができたということが私にとって非常に大きな経験となりました。
この経験から、ユーザーに対して様々な視点から提案できる商材を検討することで、更なるビジネスチャンスを掴めるように取り組んでいます。

今後の目標

関係を築き多角的な視点から取引を構築

まずはサプライヤーとユーザーの困っていることを相談して頂けるような関係を築くことを目標にしています。その為には、日頃の業務に真摯に取り組むことが重要です。
明和産業には、先輩方が作り上げたビジネスが今でも数多く残っています。私自身もそのようなビジネスを構築するために、取引先と関係を作り、現在の担当商材に拘らず様々な商材を勉強し、幅広い提案ができるようになりたいと考えています。

とある一日のスケジュール

08:45
出社1日のスケジュール確認とコーヒーブレイク
09:15
始業電話、メール対応
11:00
打合せ取引を進める上で必要な社内業務を確認
12:00
昼食部署のみんなで食事
14:00
外出取引先と面談。業界の動向などの情報収集も兼ねる。
17:00
報告書作成
18:30
退社同僚と居酒屋へ